現場発のISO9001コンサル実況【第4回 文書管理・品質目標】

当ブログでは、私、渡邉和彦が担当させていただいているお客様の「実際の仕組み構築」に合わせ、臨場感のある“コンサルティング実況”“仕組み構築情報”を公開しています。

今回は、規格項番で言う所の「5.4項」まで進みましたので、実況報告を致します。
中でも「文書管理」「品質目標」の2つについてお客様と有効な協議ができましたのでピックアップしました。

まず「文書管理」ですが、”文書管理は付加価値を生まない無駄な仕事”という意識を持って頂きたいとお話しました。
「文書管理」を完璧に行っても顧客は褒めてくれないし、お金もくれません。”目的を果たすために如何に手を抜くか”が大事です。
目的は、ただ一つ「見るべきルール(文書)がすぐに見られる」ことです。
そのために、結果として承認者を決めたり、改訂管理をしたり、配布管理をすることが多いのです。お客様にはこの点に賛同頂き、会社に必要な最低限の且つ具体的な文書管理のルールを作成できました。

続いて「品質目標」ですが、既にこのお客様は、毎年期初に会社の活動方針とそれをどの部門が責任を持って行うかの計画を作成していました。
もう何も新たにやることは無いと判断しました。
会社の活動について、コンサルタントが良し悪しの判断をするなど無用です。
ただし、計画したことが本当に担当する社員の方へ伝わっているかどうかの確認(形骸化防止)と一部形骸化しそうな表現に対し、修正のご提案をしました。
非常に良い形で「品質目標」が決定したと思います。

次回は一週間後に規格項番の6章の報告です。「力量、教育訓練」を取上げる予定です。