IATF16949 自動車産業品質マネジメントシステム

IATF16949
自動車産業品質マネジメントシステム

メーカーの違いを越え、国境を越えて通用するための、自動車業界の品質マネジメントシステム

IATF16949 自動車産業品質マネジメントシステム
自動車は、数万点の部品で作られています。その品質に問題があれば人命にもかかわるため、量産が始まった当初から大変厳しく管理されてきました。
その頃の品質保証体制は、メーカーがそれぞれ独自に作ったために用語が共通でない・似たような規格がある・要求される書類が違う・評価方法が違うなど、サプライヤーにとってたいへん負担の大きいものでした。
その後自動車業界の統一した品質マネジメント規格が作られましたが、まだ国ごとに作られたシステムだったのです。
グローバル化が進むにつれ、国籍の違う自動車メーカーが提携したり、サプライヤーが国境を超えて部品を供給したりすることが当たり前になりました。
IATF16949 自動車産業品質マネジメントシステム
IATF16949 自動車産業品質マネジメントシステム
そのため国際的に統一された規格が求められるようになり欧米の自動車メーカーが主導して作成したのが、ISO/TS16949:1999です。ISO9001をベースに作られておりISO9001:2008の改定時にはISO/TS16949:2009へと改定されました。そして、ISO9001:2015の改定を受け、2016年10月にIATF16949:2016が発行されました。

自動車産業品質マネジメントシステム

IATF16949は、自動車産業における国際的な品質マネジメントシステム規格です。
欧米の自動車メーカーと自動車産業団体で構成される会議体、IATF(国際自動車タスク・フォース)によって策定・発行されました。ISO規格ではありませんが、2015年に改定されたISO9001の構造と要求事項に倣って構成されています。

IATFのメンバーである自動車メーカーは、部材の調達先となるサプライヤーに対しIATF16949規格への適合を取引の条件として要求するので日本でも認証取得企業は増えています。IATF16949の対象となるのは、トラック・バスを含む自動車、及びオートバイの部品メーカーです。その品質管理システムはサプライチェーンにも適用が及ぶので、輸出を有利に進めたい自動車部品メーカーから認証取得を要請されることが多いようです。

IATF16949の取り組み

IATF16949の取り組みには、通常2年を想定します。システムの構築に半年、運用期間として12ヶ月の実績を必要とし、審査から登録までも数ヶ月の期間を要します。また、プロセスアプローチの手法やコアツールの活用など、仕組みにも様々な点で特徴があります。

ISO/TS16949:2009認証を取得している組織は、2018年9月14日までにIATF16949:2016への移行を完了しなければなりません。審査登録に時間がかかることから、早めの取り組みが必要です。

IATF16949のメリット

IATF16949認証を取得しているということは、様々なメリットがあります。

自動車産業界への新規参入、海外企業を含む取引要件として優位になります。
企業の競争力の強化になります。
欠陥が予防でき、ばらつきやムダの低減ができます。
仕事の標準化や明確化により、業務の継承が容易になります。
継続的な改善活動が、企業価値の向上につながります。
法令順守や、リスクへの備えができます。

IATF16949の実績・お客様の声のご紹介