マネジメントシステムとは「高い目標を目指し管理・調整、発展させること」

マネジメントシステムとは
高い目標を達成するための仕組み

『マネジメント』を辞書で引くと、だいたいが「経営などの管理をすること」となっています。単純に「管理すること」だけの意味ではありません。

1240385_0
管理とは、ある基準や範囲から外れないように統制し維持するという意味ですが、『マネジメント』は、「発展させる」と言う意味合いを含んでいます。経営などの管理をする『マネジメント』とは、「高い目標を目指して管理・調整しつつ、発展させること」と言えます。「管理」は、『マネジメント』の手段のひとつなのです。

では、『マネジメントシステム』とは何でしょう。
高い目標を目指して管理・調整しつつ、発展させる」ための仕組みです。権限や責任をもった人やグループが方針や目標を定め、それを達成するために組織を適切に指揮し管理する仕組みです。

組織によって目標も仕事の内容も違うわけですからその仕組みやルールにも独自のやり方があって当然ですが、ISO(国際標準化機構)では、“その仕組みではこんなやり方をしてください。”という様々な注文(これを要求事項と言います。)を出しています。その代表的な例が、“P・D・C・Aを回す”というものです。

マネジメントシステム

PDCA マネジメントシステム

P:Plan(計画) 方針や目標を立て、達成するための計画を立案し、会社運営を円滑に進めるための様々な手順やルールを決定します。
D:Do(実施) Pで立てた計画や手順・ルールに従って確実に実施します。
C:Check(点検) 計画や手順どおりに実施した結果、狙いどおりの仕事の結果が出ているか否かをチェックします。計画や手順どおりにやって、何か問題が発生した場合は、その原因を分析します。
A:Act(改善) Cの分析の結果から、仕事のやり方を改善したり、計画書の内容を見直したりします。そしてその結果はPの計画に反映され、新たな計画や手順書に改訂されます。

ISOの取り組みは “P・D・C・A”を回し活動をしていきます。
マネジメントシステムはそのサイクルが新たな段階に入り、継続的な改善が行われ、さらなる高い目標に向かって発展していくのです。