ISO22000 食品安全マネジメントシステム

ISO22000
食品安全マネジメントシステム

農場から食卓まで、食品を安全に保つための仕組み

私たちは、いつも安全で多様な食品を求めています。

ISO22000 食品安全マネジメントシステム
国内外を問わず流通する食品は、ある場所で作られ、運ばれ、保管され、加工され、包装され、販売されて私たちの手元にやってきます。『農場から食卓まで』、非常に多くの企業が食品にかかわっています。

それらの企業が様々な過程で起こりうる食品危害を防ぎ、食品の安全を適切に管理する目的で作られたのが、ISO22000です。

食品安全マネジメントシステム

ISO22000 食品安全マネジメントシステム
ISO22000 食品安全マネジメントシステム
ISO22000 食品安全マネジメントシステム

ISO22000は、食品安全マネジメントシステムの国際標準規格です。
食品安全を確保するための規格として、HACCP(“ハサップ”と読みます。)という食品の衛生管理方式があります。ISO22000は、そのHACCPをマネジメントシステム化した規格です。

HACCPは世界的に認められているシステムですが、その管理対象は製造工程のみで、全社的な管理システムではありません。そのためトップの責任が不明確で、企業内での他部門との協力関係も明確にはされておらず、調達段階・製品の流通段階での対応についても十分に配慮されているとは言えません。

また、世界各国で異なったHACCPシステムになっているため、国際的な整合化が必要になり、統一された安全管理システムが求められるようになりました。ISO22000は、そうした背景から2005年に国際標準規格として発行されました。

前提条件プログラム

ISO22000はその特徴として、HACCPを主体としていることはもちろんですが、食品工場内を衛生的に保つための“前提条件プログラム”という活動があります。工場内に菌を入れない・異物を入れない・化学物質を混入させないなど、安全性を維持するために必要な基本的条件を明確にし、活動をします。

また、配送業者や販売店に対する、取り扱いや保管方法などの十分な情報交換も求められます。ISO22000は食品の生産・流通・販売という一連の流れ(フードチェーン)にかかわるすべての企業が対象となっています。

ISO22000のメリット

ISO22000認証を取得しているということは、様々なメリットがあります。

社会的信頼・企業価値の向上につながります。
製品に対する安全管理の仕組みが確立できます。
従業員の衛生意識だけでなく、品質や安全に対する責任感の向上が期待できます。
サプライチェーンの管理の仕組みが確立でき、コミュニケーションの円滑化を図れます。
取引先から安全管理への一定の評価を得られ、継続取引や新たな交渉の際の有利性が期待できます。

ISO22000の実績・お客様の声のご紹介