ISO14001 環境マネジメントシステム

ISO14001
環境マネジメントシステム

これからも地球で暮らしていくために

ISO14001 環境マネジメントシステム
私たち人間は、いつでも自由に電気やガスを使い水を使い、車や電車に乗り、とても便利に生活していますよね。
この便利さを実現するために排ガスで空気を汚し排水で水を汚し、経済的に豊かになるために森林を破壊し多くのごみを出しています。
私たちは、自分たちのことだけを考えて発展を繰り返してきたのです。でも、これからも地球で暮らしていく以上、地球環境のことをしっかり考えた発展をしていかなければなりません。
今、個人も組織も、自然と共存して持続可能な発展を続けていくための活動が求められています。
ISO14001 環境マネジメントシステム
ISO14001 環境マネジメントシステム
ISO14001は、企業などの組織が事業活動を行う際に、環境への負荷を継続的に改善していくための仕組みです。
具体的には、事業活動に伴って生じる環境への影響(悪い影響・良い影響)をコントロールし、法規制の順守、汚染の予防を目指す仕組みです。
地球環境という大きな視点もありますが、その組織が仕事をしている地域や利害関係者とのより良い関係についても考慮するようにつくられています。

環境マネジメントシステム

ISO14001は、環境マネジメントシステム(EMS:Environmental Management System)の国際標準規格です。日本では、JIS(日本工業規格)の規格JIS Q 14001として制定されています。
経済活動の発展に伴って様々な環境問題がもたらされ、全世界で環境負荷を抑えた経済活動が求められるようになりました。そこで、世界中の企業の代表者等による 「持続可能な開発のための経済人会議」 が 環境管理に関する国際標準の必要性を提言し、1996年にISO14001環境マネジメントシステムが誕生しました。

ISO14001のメリット

ISO14001認証を取得しているということは、環境改善への取組みを行っている企業としてイメージアップになるほか、様々なメリットがあります。

企業のイメージアップが顧客からの信頼向上につながります。
社員の環境への意識向上につながります。
環境への負荷を低減する仕組みを作ることで、コスト削減が可能です。
新規の取引や入札条件で有利になる可能性があります。

ISO14001の実績・お客様の声のご紹介