【認証登録情報】 田中建設工業株式会社/ISO9001,ISO14001

2017年3月、福島県会津若松市の田中建設工業様が、ISO9001:2015と
ISO14001:2015認証を取得されました。
土木工事、建設工事などをしている会社です。
こちらもISO9001とISO14001の認証取得支援、及びOHSAS18001
(労働安全衛生システム)の統合システム構築の支援をさせていただきました。

本当におめでとうございます!
そして、ありがとうございました。
今後も、お仕事に活かして、頑張ってください。

【認証登録情報】 株式会社香取ベンダーテクニカル/ISO9001,ISO14001

2017年3月、千葉県旭市の香取ベンダーテクニカル様が、ISO9001:2015と
ISO14001:2015認証を取得されました。
鋼材・鋼板の曲げ加工、ロール加工、孔開け、開先加工をしている会社です。
ISO9001とISO14001の認証取得支援、及びOHSAS18001(労働安全衛生システム)
を合わせた統合システム構築の支援をさせていただきました。

本当におめでとうございます!
そして、ありがとうございました。
今後も、お仕事に活かして、頑張ってください。

【認証登録情報】 京王電化工業株式会社様/ISO/TS16949

2016年12月、東京都調布市の京王電化工業様が、ISO/TS16949認証を取得されました。
様々なめっき、表面処理を行っている会社です。
めっき業界におけるISO/TS16949の認証取得は珍しいらしく、評判になっているそうです。
本当におめでとうございます!
そして、ありがとうございました。
今後も、お仕事に活かして、頑張ってください。

【認証登録情報】 株式会社田口型範様/ISO/TS16949

2016年12月、埼玉県川口市の田口型範様が、ISO/TS16949認証を取得されました。
おめでとうございます!
鋳造用の木型や金型の製作、五軸加工などを行っている会社です。
これまでも、ISO14001の認証取得支援、ISO9001/14001の内部監査員セミナーなども実施させていただきました。
今回のISO/TS16949の取り組みは、約2年という長い期間でした。本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
今後も、お仕事に活かして、頑張ってください。

ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格)の発行延期

現在策定中のISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格)は、DIS2(第二次国際規格案)を作成する目的で2016年10月30日~11月4日にリトアニアで会合が行われました。

しかし、今回の会合では結論を導き出せなかった事項があり、改めて2017年2月にオーストリアで会合を持ち議論を深めることになりました。そのため、当初2017年3月を予定していたISO45001の発行は、早くても2017年の秋以降になると思われます。

 

ISO14001:2015についてのよくある質問(FAQ)

このFAQ(よくある質問)は、ISO14001:2015のユーザーの理解を深めるためにISO/TC207/SC1が作成したものです。 先ごろ、日本規格協会が翻訳版を公開しました。
ISO14001:2015に関するFAQ(よくある質問)なので、参考にされるとよいと思います。

主な内容です。

  • 付属書SLのテキストの一部が変更されているのはなぜか?
  • ISO14001:2004で要求されていた手順はどうなるのか?
  • 変更の管理に関する箇条がないのはなぜか?
  • 『環境effects』と『環境impact』が用いられているのはなぜか?
  • 『環境パフォーマンスを向上させる』という表現の意図は?

などなど、33項目について、質問と回答が書いてあります。
日本規格協会のウェブサイトに公開されています。ぜひお読みください。
http://www.jsa.or.jp/wp-content/uploads/iso14001_2015-faq_J_161101.pdf

【ISO認証登録情報】 有限会社松伸様/ISO9001:2015

2016年11月、福島県南相馬市の有限会社松伸様が、ISO9001認証を
取得されました。
おめでとうございます!!
ダクトなどのプラント部品を製造している会社です。
社員数7名という比較的小規模な事業所ですが、2016年2月に取り
組みを開始し、ほぼ予定通りの認証登録となりました。
認証登録証到着の折、たいへんお喜びのご様子で連絡を頂戴しました。
本当に、ありがとうございました。
今後も、お仕事に活かして、がんばってください。

2016年12月のコンサルティング受付状況

ISO認証取得・運用改善コンサルティング
東北環境技術のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

おかげさまで現在多くのご依頼を頂き、コンサルティングが大変混み合っております。
多くのお客様にお待ちいただいている状況です。
誠に恐縮ですが具体的な計画をお持ちのお客様はお早めにご予約頂ければ幸いです。
ご予約頂きました順番にて対応させて頂きます。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

株式会社東北環境技術の公式サイトをリニューアル致しました

ISO認証取得・運用改善コンサルティング 東北環境技術のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

この度、ホームページをリニューアルいたしました。
今後とも、よりお客様にご満足いただけるホームページをめざして コンテンツの拡充等を行う予定ですのでよろしくお願い申し上げます。

認証移行の準備はできていますか? ― 『2015改正対応診断』のすすめ

ISO9001/14001:2015が発行され、JIS Qの改正も、11月に行われました。
改正規格への認証の移行は、規格の発行から3年間の中で行うことになっています。
2015年9月に改正が実施されましたので、3年後の2018年8月までに移行しなければなりません。

420151208-0

改正規格に対応するためには、どんなことをどんなふうに進めていけばよいのでしょうか。
下の図は、そのモデルケースです。

420151208-1

2015年改正では、「事業活動とマネジメントシステムの統合」という要求が、強く打ち出されています。そのための、新たな要求事項も出てきています。
自社のマネジメントシステムをより使いやすい道具にしていくための、良い機会となるでしょう。

でも、このモデルケースを見ても、
「それでは、我が社の場合は具体的に何をすればいいのか?」
と、思いますよね。

420151208-2

東北環境技術では、【2015改正対応診断】を行なっています。
 1.改正内容の基礎教育 ― 改正の要点と個別の解説をします。
 2.現状診断 ― 現行の仕組みと改正規格とのギャップ分析をします。
 3.改善計画 ― 診断結果を提出します。それにより、改善すべき事項を明確にし、移行への道筋が見えてきます。

診断をすることで、「具体的に何をすればよいのか」が、明確になります。
診断の結果、すべて自社の中で改善できるかもしれません。
でも、もし、「この部分がよくわからない」というような場合は、診断後に弊社の提示する『改正支援メニュー表』の中から適切な支援メニューを選択することができます。
ぜひ、弊社の【2015改正対応診断】を、事業活動にふさわしいマネジメントシステムを構築するために役立ててください。